かつコーチの旅

競泳、旅、カメラを通して人との関わり合いについての日記

タグ:八代市

深夜2時14分・・・、

ヴゥヴゥヴゥヴゥヴゥヴゥ!!!

スマホがいつもと違う聞いたこともない音を立てる。

何だ!?

見てみると、緊急地震速報の知らせ。
しばらくすると・・・、

おぉ〜〜〜!!!

めっちゃ揺れました。
どうやら震源は四国の方みたいだ。
ここでこれだけ揺れるのだから、結構大きい。
被害が小さければ良いが・・・。
あのおじちゃんは全く起きませんでした(^_^;)。

翌朝早朝、おじちゃんはまだ寝ていた。
9時くらいに出発するらしい。
私は特に声も掛けず、出発することにした。
これが、あのおじちゃんのチャリ。
本当に普通のチャリだ・・・、凄い。

IMG_5607 (320x213)

この日も天気は曇り気味で冷え込んでいた。
が、昨日よりはマシなのかなと思いつつも先へ進む。

八代市はそんなに遠くない。
少し走って、新八代駅の駅舎を除いて、
って・・・、どうやらソフトバンクホークスの松中信彦の出身地らしい。

駅で八代市の情報を得ると、どうやらお城跡があるようだ。
しかも八代のお城って場所があちこち変わっていて、現在あるのは三代目らしい。
せっかくなので、一代目の跡地から細かく見てみることした。
しかし、一代目、二代目と非常に分かりづらく、行けたは良いけどよく分かりませんでした(笑)。
んで、1時間以上バイクでぐるぐるして、現在の三代目の場所へ。

IMG_5631 (320x213)

ここも別に城が残っているわけではなく、城跡があるだけで、神社になっていました。
残念・・・。
お堀はありましたけどね。

もう一つ、八代市と言えば、松濱軒と呼ばれる八代城代であった松井家の邸宅と庭園があります。
が、朝早いのでさすがにしまっていました(^_^;)。

IMG_5642 (320x213)

さて、そろそろ良いだろうと、八代を後にして南下してみました。
途中、日奈久温泉というところがあり、三号線沿いからちょこちょこ寄ってみました。
日奈久温泉駅には・・・、

誰だお前!!!

IMG_5647 (320x213)

でも、立派な温泉地のようです。

IMG_5652 (320x213)

ほぉ〜、水泳の日本代表出身者か〜。
こういうのやっぱ水泳に携わっていただけ、気になる・・・。

IMG_5654 (320x213)

晩白柚(ばんぺいゆ)と言うらしいが・・・、

IMG_5665 (320x213)

デカすぎです!!!

美味しいのかな・・・。

そんなちょこちょこ寄っているから、先へ進めない(笑)。
で、9時頃、道の駅たのうらに到着。
そうです、基本的に道の駅に行ってみようと思って行っちゃったりしてます(笑)。
でも、ここは何もなかったので即退散して、今度は違う道から行ってみようかな・・・、
って思って来た道を走ってると、

おぉ〜〜〜!!!

IMG_5672 (320x213)

はい、昨夜のおっちゃんでした。
ちょいワルおやじです(笑)。
今から鹿児島へ帰るそうです。
着いたら連絡をくれるということで、同じ鹿児島・・・、連絡先を交換しました。

お元気で!!!

んで、途中から美里町へ曲がる道があったので、そっちへ走り、

来ました!ここです!!!

IMG_5688 (320x213)

いや〜、とうとう来た。

日本一の階段3333段!!!

この時、「余裕だろ〜。」なんて思っていた私です(^_^;)。

頑張ります!!!

現在11時50分。

スタート!!!

少し上がると記帳するところがあります。

IMG_5742 (320x213)

果てしなく続く階段・・・。

IMG_5752 (320x213)

おそらく中学生かと思われる団体に「頑張って下さい!」と声をかけられる。

IMG_5750 (320x213)

ついでに、学校の先生から話を聞くと、早い子は30分くらいで行ってしまうらしい・・・。
そうか、ならば、40〜50分くらいか・・・。

ってか、この階段終わるのか・・・。
1,000段で心が折れそうになる。
来たの失敗したかも・・・。
登山の方がずっと楽です(^_^;)。

IMG_5697 (320x213)

1,100段、1,200段、1,300段・・・、2,000段まだかよ。

2,100段、2,200段、2,300段・・・、3,000段まだです。

そして・・・、

IMG_5700 (320x213)

13時20分、到着。

IMG_5706 (213x320)

はい、1時間半かかりましたヽ(;´Д`)ノヤメテー

で、気付きました?
私、今後の登山も考えてこのバックパックを背負って登ったんです。
大体20kgくらい。
それが大間違いでした・・・(^_^;)。

登り終えたところで、いつも登っている老夫婦が話してくれて、

「今日は霧も出てて天気も悪いから大変だったでしょう。」

と・・・。
いやいや、凄すぎです。
この先にもちょっとあるのですが、神社があるだけで、霧もあるので何も見えないとのこと。
ということで、老夫婦の薦めもあって、ここで下りることにしました。

下りは比較的に早くて40分くらいだったでしょうか。

でも・・・、

めっちゃキツかったです!


ここを終えた後は、昨日行けなかった佐俣の湯温泉で汗を流すことにしました。
個人的には・・・、普通でした(笑)。

温まったのですが、外は雨がちらほら、気温がかなり下がっていました。
が、ここで引き下がる訳にはいかない。
でも、道の駅そよ風パークまでは行ける時間がない。
3333段の階段で思った以上に時間がかかったからだ。
仕方ないと思い、通潤橋まで行って、そのまま熊本市内へ走ることにした。
この時既に16時00分・・・。

まずは、昨日間違って来た霊台橋。
立派な橋で個人的には通潤橋よりも好きです(^^)。

IMG_5762 (320x213)

んで、ここからは寒くて寒くてとにかく走った。
途中、気温を示す道路標識には「0℃」とあった。

はぁ!?

意味が分かりません・・・。
もう春なのに〜〜〜!!!
すると、当然、雪がちらつき始め・・・、道の駅通潤橋に着く頃にはめっちゃ降ってました。

IMG_5766 (320x213)

道の駅の目の前にあるこれが通潤橋・・・。
真ん中からは放水が見れるらしいが勿論今日はなく・・・。
道の駅の人に写真で見せてもらいましたが、きっとド迫力なんでしょう。
見てみたい・・・。

IMG_5774 (320x213)

でもね、道の駅の方が濡れている私を見て、タオルを下さいました!
人の親切さに感動・・・。
「それと同時に、ここから先は雪が積もってるから行けないと思いますよ。」
と・・・。

マジか・・・、行かなくて良かった。

くまモン、ウザいです。

IMG_5769 (320x213)

寒いし、時間的にもこんな山の中で何かあったら嫌なので、早く熊本市内へ入ることにしました。

と・・・、戻る途中、面白い物を発見!

IMG_5779 (320x213)

いや〜、実に上手く出来ていました。

IMG_5780 (320x213)

ここからは山を下りる度に気温が上がっていくのを感じましたが、ちょっと湯冷めしている感じもあったので寒かったです。

18時30分、ようやく熊本駅へ到着。

IMG_5792 (320x213)

着いていきなり2人の若者に「交番はどこ?」って聞かれたけど・・・、

知るか!!!

しかも、めっちゃ素っ気ない感じやったし。

んで、寒かったので、ガッツリ王将!
お金使いすぎかな〜(^_^;)。
でも、基本的に1日1食やし・・・。

温まったところで、やっとゲストハウスに到着。

IMG_5797 (320x213)

最初は喫茶店かと思って間違えたけど、中に入ると・・・、マスターがすっごく良い人で!!!

IMG_5805 (320x213)

ついつい話が弾んでしまいました(笑)。
ついでに魚眼レンズに興味津々でたくさん撮っちゃいました(笑)。

IMG_5800 (320x213)

個室タイプのゲストハウス。
何と贅沢な・・・。
個室なのに安いんですよ(^^)。

14日目の走行距離 190.7km
支出 後日
残高 後日



1日1回のポチッと応援宜しくお願い致します(笑)。
日本ブログ村☆ 日本一周

朝、起床は6時00分で、出発は6時30分。
が、いろいろだらだらしていると、45分くらいになっちゃいました。
出発前に一緒に記念撮影しましたよ。
このゲストハウスはお薦めです。

IMG_5071 (320x213)

さて、今日は結構走らなければいけません。
昨日走れなかった天草の上島の南側を通って、宇土半島に入り、そこから下って八代、そして人吉までの長い道のりです。
本当に行けるかどうか不安な朝でした。
夕方から雨になるようですが、それが分からないくらい晴天でした。

IMG_5083 (320x213)

平日だというのに、北側に比べて交通量の少ない道をしばらく走ると、面白い物が見えて来ます。
観光マップを頼りに行っていたのですが、一瞬見落としそうになるくらい分かりにくいです。
でも、ちょっと港の方へ行くと直ぐに分かります。

これです。

IMG_5088 (320x213)

日本一大きな倉岳大えびすです(つд⊂)ゴシゴシ

これ近くで見るとかなりデカイですよ・・・。
でも国道からは気づきにくいので、ちょっと注意が必要ですね。
まぁ、後から小さくではありますが、表示があったんですけどね(笑)。

本当はここにある港からフェリーに乗れば天草市御所浦町という所まで行けます。
結構大きな島が2つ連なっているので行ってみたかったのですが、今回は断念しました。

さて、先へ進んでいると、国指定重要文化財と書いてある棚底城跡ってところに行ってみた。
が、昔ここに城があったってことくらいしか分からなかった為、直ぐに退散(笑)。

その後もじゃんじゃん走る。
竜ヶ岳という一際大きな山が目立っていたが、どうやら上には天文台があるようだ。
近づくに連れて知ったのだが、ミューイ天文台とはここのことのようだ。
天文学を勉強していた私にとって興味深いもので、行ってみたいと思ったが、結構距離もあったし、今日は走らなければいけないので、断念しました。

さてさて、次は橋で繋がっている樋島へ行ってみることにした。
非常に分かりやすい(笑)。

IMG_5128 (320x213)

が・・・、道を間違って入り込んじゃったら、おばあちゃんのお家の前で行き止まり。

IMG_5129 (320x213)

おばあちゃんに話しかけたら、道を教えてくれて、ついでにこのワカメのこともお話して頂きました。
すると、息子と思われる人が出て来ました。
その息子さんが地元のことをいろいろと教えてくれて、少し勉強になりました。
殆どの方が北側を訪れるので、あまり観光といったものがないらしいが、こうして見ると良いところはいっぱいあります。

話を終えると、言われた通りの道でちゃんと行くことが出来ました。
橋を2つ渡るのですが、奥の橋は・・・、

IMG_5136 (320x213)

何と信号機があります。
橋は立派なのに、一車線しかないです。
人も通る為、こうしているのでしょう。

そこを抜けて、ず〜っと奥へ奥へ進んでいくと・・・、不思議な所へ出ます。

IMG_5145 (320x213)

ここは行ってみなければ分からないと思います。
結構悪路で大変でしたが、景色は素晴らしかったです。
ちなみに、先にある島へは潮が引いている時は渡ることが出来るようです。
ちょっとまったりしていると、9時30分(つд⊂)ゴシゴシ

ということで、先へ行きます。
ここからはず〜っと走って走って・・・、
海岸沿いやし、午前中は東からの太陽でとっても綺麗です。
途中、日本で三番目に大きなアコウ樹の木がありましたが、三番目って言う微妙さと分かりづらさに少々笑ってしまったり、面白い石像を横目にじゃんじゃん走っていると、東側に八代市の港と思われる工業地帯がうっすらと見えて来ました。

そろそろだ・・・。

で、休憩も兼ねて、再び昨日行って来た夕陽が見える松島の手前の展望台へ。

IMG_5182 (320x213)

夕陽とはまた違った景色が見られとても綺麗でした。
個人的には何もない夕陽よりも、少し小さな島とか町とかある中の夕陽の方が好きです。

さぁ、いよいよパールラインを渡って九州本土へ戻ります。
橋を5つ渡る際に、小さな島がいくつかあるので、行けるところは行くことにしました。

最初に行った前島と言う所は、海中水族館があったのですが、1200円と言う破格の値段に断念(つд⊂)ゴシゴシ
横にパールマリア館なんて言う真珠のお店があったけど、意味不でした。
その変わりに徐々に招待を現して来た天草四郎で我慢我慢(笑)。

IMG_5195 (320x213)

天草パールラインの橋はそれぞれ実に特徴があって面白いです。

IMG_5196 (320x213)

永浦島では天草ビジターセンターと言う国立施設で無料の場所へ行って見ました。
すると、そこで声をかけてくれた方とお話をすることが出来ました。
この施設から見える景色は天草松島って呼ばれているらしいが・・・、まぁまぁ。

お次は永浦島と繋がっている樋合島へ。
そこにはパールサンビーチという砂浜があります。
そこからは潮が引いている時に渡れる島、高杢島という島もあります。
こうして見ると、陸と繋がる島って日本全国に沢山あるんでしょうね。

IMG_5217 (320x213)

戻って、天草パールラインの橋を渡ると、大きな島に出ます。
大矢野島、上天草市の中心と言っても良いでしょう。
そこには、天草四郎メモリアルホールがあります。

IMG_5225 (320x213)

この通りには物産館もたくさんあって、たくさん試食出来ます(笑)。
腹ごしらえ出来ますね。
これは・・・、絶対パクリだ。
本場はアメリカ、カリフォルニア州、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフです。

IMG_5279 (320x213)

さて、この島と繋がっている野釜島と言う所へ行ってみた。
が・・・、道に迷って、この先やばそうな感じがしたので、引き返しました。
でもね、後で知ったことなんですが、この野釜島って所からしか行けない島があるんですよ。
それが湯島って言う所。
船で10分くらいの距離だろうけど、結構レアかもね。

お次は、維和島ってところへ行ってみた。
ここにはお花畑があるらしいが、今の時期は・・・。

すると、中学生っぽい女の子を発見。
学校帰りっぽかったけど、話しかけてみた。
この島には何があるのか聞いたのですが、「お花畑」って言う答えくらいでした(笑)。
とっても良い子で、ちょっと照れながらもお話してくれました。

さて、大矢野島へ戻って、先へ行きます。
すると、本土へ渡る直前に物産館があり、そこには・・・。

はい、出ました〜(^_^;)。

IMG_5281 (320x213)

もう天草四郎だらけなんですよ!

物産館ではめちゃくちゃ試食しました!
嫌な客ですね(笑)。

いよいよ、最後の橋です。
ちょっと展望台から眺めに行くと、ライダーと思われるカップルを発見!!!

IMG_5289 (320x213)

めっちゃ興味津々で写真めっちゃ撮られました(笑)。

そして、最後の橋を渡るといよいよ本土へ渡り。
その玄関口になっている三角駅と、

IMG_5306 (320x213)

三角港に着きました。
三角港は特徴があるので、遠くからもちゃんと見えていましたよ。

IMG_5301 (320x213)

それからは南側をじゃんじゃん走りました。
本当は北側の夕焼けがあるんですが、今日は曇っているし、目的地が違うので・・・。
走っていると、ちょっと気になったところがあったのですが・・・。
まぁ良いやと思って通過しちゃうと・・・、後で知ったのですが松合町という白壁の町並みが見れたようです。
しまった(^_^;)。

菜の花・・・、やはり鹿児島より遅いですね。

IMG_5318 (320x213)

白壁のことは知らずに先へ進んで着いた場所が道の駅不知火。
さっきの松合町のことは、この道の駅で知りました。
まぁ、それは良いとして、ここは何とデコポン発祥の地らしい。
デコポンとかなんとか、みかんの仲間ってめっちゃ種類が多くてよく分かりません(笑)。

この辺から天気が怪しくなって来ました・・・。
本当に雨になるのだろう。

IMG_5338 (320x213)

先を急ごう。
道の駅うきへ着き、ここではレジに並んでいると「お先にどうぞ。」って譲ってくれました。
ちょっとした親切が凄く嬉しく感じられました。

更に国道三号線を下って道の駅竜北。
竜北は休館日でしたが想定内です。
情報館の中に入って見ると・・・。

c(`Д´と⌒c)つ彡 ヤダヤダ

はい、ここでは到底書けるようなことではありません!!!


また明日かあさってには来ると思うので、即退散。
下って下って・・・、

17時00分、ようやくJR八代駅に到着。
八代市内を観光したいのですが、もう17時だったし、人吉の道の駅までは道のりが長すぎるので、即退却。
そして、ここからが大変でした。
球磨川沿いをガンガン駆け抜ける道・・・、おそらく夏や秋は素晴らしい光景が見られるのでしょうが、私がいるこの時期は綺麗は綺麗でも寒くて、夜になるとやばそうな道に感じました(^_^;)。

IMG_5374 (320x213)

道の駅坂本は簡単に抜けられても、

IMG_5379 (320x213)

ここから、道の駅大野温泉まではめっちゃ遠かった。

くま川鉄道って・・・、きっと人気があるんだろうな〜・・・。

IMG_5397 (320x213)

と思っていると、暗くなって来て、
道の駅大野温泉に着いた時には18時30分・・・。
コレ以上はやばそうな気がする。

IMG_5404 (320x213)

温泉に入るべきか先を急ぐべきか・・・。
迷いましたが、ゆっくりでも先へ行くことを選択しました。

遅くなってはいけないと、途中安そうなスーパーで今晩のおかずを購入して、少し進むと、19時30分ようやくJR人吉駅に到着しました。

IMG_5410 (320x213)

この時には雨がポツポツ降っていて、野宿しようと思っている目的地まで何とかもつかなって思い、そのまま走った。
が、これは間違いでした。
結構濡れてしまい、カメラなどの機材が壊れていないかめっちゃ心配しました。

20時15分、やっとやっと着きました。
本日の寝床、道の駅錦です。

IMG_5423 (320x213)

JR人吉駅から近いのかなって思っていると、めっちゃ遠いっていうね(^_^;)。
部屋ではなく雨乞いが出来るスペースがあるくらいでしたが、十分です。
充電も出来る環境にあったので、助かりました。
キャンプセットで火を起こし、あったかいコーヒーなどで温もりました。
明日は早朝から雨で昼にやむらしいけど・・・。

12日目の走行距離 243.6km
支出 後日
残高 後日



1日1回のポチッと応援宜しくお願い致します(笑)。
日本ブログ村☆ 日本一周

↑このページのトップヘ