かつコーチの旅

競泳、旅、カメラを通して人との関わり合いについての日記

February 2010

この日は、私がNitro Swimmingを訪ねるのも最後の日でした。

なぜなら次の日、私はSan Franciscoへ飛ぶからです。

で、この日は早朝練習でした。

高校生は早く来てここでW-upをしていました。

私が練習風景を見ていると・・・、

「Can you help me?」

ということで、何と手伝うことになっちゃいました。

全く見知らぬ選手と会話を交わし、タイムの測定。

ストップウォッチはいつも持ち歩いている物を使用。

そりゃぁ、コーチですからいつも持っています。

内容もそうですが、選手とのコミュニケーションがアメリカ式なのでとても面白かったです。

まさか手伝うことになるとは思っていませんでしたが、良い経験になりました。

最後、いろんなコーチと、特にTrippとは堅い握手を交わしNitro Swimmingを後にしました。



昼からは何をしようかと思ったのですが、もう少しダウンタウンを観光しようと思い、送ってもらいました。

この日は大学内を散策。

博物館や美術館が並んでいて、どっちかには行こうと思っていたので、 歴史博物館へ行くことにしました。

Texasの歴史がつまった博物館で、とても勉強になりましたね。

その後は大学内を練り歩き、昨日行ったショップへ。

そこで思わず・・・、買っちゃいました。

Long Hornのパソコン用バッグ。

これは、Tommyに見せるしかないね(笑)。

最後はおしゃれなスタバでゆっくりと・・・。 

この日は昨日、ジャズを聴きに行ったりして遅かったため、ゆっくり起床。

それから水泳談義をして、昼からいざNitro Swimmingへ。

すると、高校生の子たちは明日から試合のようで、緊迫した雰囲気。

一方でチビちゃんたちの練習から他のクラスではいつも通り。

ここで紹介してもらった凄い選手が一人います。

女子で13歳で平泳ぎ全米NO1!

この子の泳ぎがまた凄い。

浮いている時間が・・・、Meganに似ていたからです。

「こんなに細いのに・・・。」

と思いましたが、この子のセンスは間違いないと思いますね。

今後が凄く楽しみです。

Nitroのコーチ陣は凄く社交的でどんどん話しかけてくれるので、直ぐに仲良くなれました。

私が一番話をしていたのは、Trippというコーチ。

彼は一生懸命で私の日本の水泳の話なんかにも凄く興味を示してくれた。

Nitroのスタッフは良いスタッフばかりです。 

この日は・・・、先生の一言から始まる。

「ブレンダンに会いに行く?」 

と言う一言に・・・、誰だっと思っていると、

「ブレンダン・ハンセンだよ。」

「はっ!?まじっすか!?」

あの北島康介と競り合った・・・、平泳ぎのブレンダン・ハンセン。

何か・・・、こんなに簡単に会えるものなのかと不思議に感じました。

そして、Nitroの社長と昼食をとっているというブレンダン・ハンセンのもとへ行きました。

普通の人でした。

めっちゃ優しくて、当然Tommyの話でも盛り上がりました。

でも一番はやっぱり・・・、彼のストーリーですね。

どんなストーリーかは言えませんが、感動しました。

良い話が聞けて良かったです。

北島がハンセンとコラボレーションで来るとかなったら面白いのにな〜って思いましたね。



そして、今日は私はNitroへ行くのを休憩して、Austinのダウンタウンを観光しました。

ところが・・・、雨、雨、雨。 

また、雨かよ・・・。

Texasで雨なんかあんまり降らないらしいが・・・、やっぱり私のせいかな。

まぁ良いです、慣れてるんで。

Austinは音楽の街であり、メキシコが近いためメキシカン料理も美味しい。

昼食はTacosをいただきました。

街も何だか教会が多い感じがしましたね。

そこから、Texas Universityの方へも足を伸ばし、一番のお気に入りは・・・、ショップでしょう。

この大学のショップの中身の豊富さには驚きました。

食いつかないわけがない。 

街中を歩き回って疲れた私はスタバで休憩。

それから、夕食を食べに行きました。

昼間に通って気になっていたレストランで。

これがまた美味いのなんのって!!!

店員さんも良い人で 良かったですね。



そして、夜10時頃、先生と待ち合わせしている場所へ行き、そこから、ジャズを聴きに行きました。

ジャズの街Austinなだけにかっこよかったです。

こんなに真剣にゆっくり聞けたのは久しぶりでした。 

しかし・・・、帰りは大雨&嵐でして・・・、

やっぱり私が来たからみたいですね(笑)。

この日は、先生がAustinを紹介してくれるということで、午前中はダウンタウンへ行きました。

AustinはTexasの州都、つまりCapitalがあるんです。

この街のランドマークになっているのは勿論で直ぐに目につきました。

あまりの大きさにまた驚きました。

聞くところによるとTexasのCapitalは全米で一番大きいらしいです。

しかもCapitalがある街ってそんなに栄えていないのですが、ここはTexas Universityもあるのか結構街なんです。

Capitalの中へ入ると、これがまた凄いの一言。

っていうか日本ではありえないですが、アメリカはどこでもこうして入ることが出来ます。

しかもタダです。

さらには無料で館内を案内してくれる人もいて、とても分かりやすかったです。

英語は難しかったけどね・・・。

でも何も分からないビジターにとってはこの街を知る上で良いことです。

その後は時間もあったので、少しTexas Universityのプールを見に行きました。

ここの施設はかなり古いのですが、中は本当に昔建てたのって言うくらい凄い施設です。

こんなところで毎日練習してたら強くなりそうです・・・。

Tommyの選手時代の青春がつまった施設・・・、凄いの一言です。



観光の後、昼からは勿論、スイミングへ。

Nitro Swimmingは今上昇気流に乗っているところ。

だからコーチも選手も、保護者も一生懸命です。

練習にも熱が入る。

私によく話しかけてくれる2人のコーチもそう。

私にもガンガン質問してくる。

いや〜何か水泳の話を濃いところまで出来るってのがまた良い。

先生との水泳談義もたまらない。

私の知らないことをたくさん知っている。

私は・・・、

まだまだだな。

って思いました。 

いよいよこの日は長い長い旅の出発です。

朝は早い飛行機だったためNuiが送って行ってくれました。

ここからの飛行時間が凄い。

まずは、SeattleからArizonaにあるPhoenixへ飛びます。

そこから、TexasにあるAustinへ入ります。

8時過ぎの便で出発。

12時を過ぎた頃、Phoenixに到着。

Arizonaは砂漠地帯でもあるのか・・・、 めっちゃ暑かったです。

着く直前は飛行機から綺麗な街並みも見えました。

水泳をする上ではもってこいの場所なのかもしれません。

西海岸とは時差が1時間違います。

1時間後、Austinへ向けて出発。

この時は飛行機が真東に飛ぶため、日差しが窓から直接入って来て暑かったです。

上空なので大気が薄いから尚更です。

16時すぎ・・・、ついに到着。

あっ暑い・・・。

音楽の街であるため空港にもギターのモニュメントが飾ってありました。

ちなみに、あまり知られていないが日本のロックバンドだったYellow MonkeyはここAustinでデビューしたんですよ。

西海岸とは時差が2時間違います。

どうしようかとキョロキョロしていると、クールな女性が登場。

 先生の奥さんでございます。

その後、直接先生のクラブへ。

着くと・・・、先生が優しく出迎えてくれました。

中に入ると・・・、ガンガン練習していました。

ここもまた気合いの入り方が違います。

コーチも面白い方ばかりで、ガンガン話しかけてくれました。

実はTommyはここAustinで8年間いたことがある。

シドニー五輪もここから出た。

だから、Tommyのことは当然みんな知っている。

Tommyの話となると面白くて面白くて!!!

帰ったらTommyに報告ですね。

練習後、先生宅へ来ると・・・、

こってる!!!

凄いっす・・・。

圧倒されました。

でも、こんなふうに出来るってのがまた愛着沸いて良いな〜と思いました。

えっ?どんなのかって?

それは秘密です(笑)。 

この日はですね〜、予期せぬことが起きてしまうんです。

朝、University Districtからのスタート。

いつものお気に入りのカフェで一杯。

それから、今日は次の日からの長旅を考えて、大きなスーツケースは空港のStorageに預けることにしました。

その金額が一体いくらなのか・・・、電話は難しいので直接空港まで行って来ました。

まぁKingの練習の行きしやしね。

チェックし終わって、私は早めにKingの練習場所へ・・・。

・・・、

・・・、

・・・、

ところが・・・、

Today is CLOSE

はっ!?

今日は練習休み!?

いや、待て・・・、でも予定表にはちゃんと・・・。 

でもよく考えると昨日まで試合でずっと使ってたから施設は休みなのかな〜と思いつつ・・・。

それならもう一つの拠点に行こうと思いMt. Rainier Poolへ。 

しかし・・・、そこはAge Groupが練習しているだけ。

まぁDougには会ったけどね。

じゃぁNationalはいずこへ・・・。

後で分かったことですが、何とNew Hope Hillsでやっていたようです。

私としたことが、チェックミス。

残念ながらこの日は諦めて帰りました。

Tommyに挨拶出来ぬままの長旅。

まぁ、帰って来てからでも・・・。 

この日は、日曜日なのでホストファミリーと最後の週末。

朝は教会へ行って・・・、

ってここで凄い人に会っちゃいました。 

2009年世界選手権日本代表のある選手のいとこにあたる方でして・・・。

その名前は挙げられませんが、世間って本当に狭いなと感じましたね。

その後は、私の準備も兼ねていろいろショッピング。 

Nuiが私の家族へと沢山くれるので、それはかなり嬉しいのですが・・・、荷物入るかな・・・。

全ての準備が整った。

一番大きな荷物はAirport Storageに預けることとし、完了。

この日は、一日中家に滞在してました。

というのも、この後の大きな旅の最終的な計画を決めなければいけなかったからです。

綿密な連絡も・・・、全ては妹次第・・・。 

夕方やっと決まってちょい散歩に・・・。 

家に戻った私はNuiと共にチケットの購入。

そして、26日からの大きな旅の計画が決まりました。 

では、ご紹介。 

1月26日〜1月31日 Austin in Texas
  ある先生を訪ねます。

1月31日〜2月3日 San Francisco in California
古い友人を訪ねます。

2月3日〜2月5日 Milwaukee in Wisconsin
妹を訪ねます。

2月5日〜2月8日 Chicago in Illinois
妹と観光します。

2月8日〜2月13日 Portland in Oregon
友人を訪ねます。

という感じです。

だから、シアトルへは2月13日帰って来ることになりました。

また、Nuiが仕事でいなくなるため私もここを出ないといけません。

シアトルへ帰って来てからは帰国までホテルとなります。

ホストファミリーともお別れになるわけですが、とりあえず片付けだな・・・。

この日は、Kingの練習がダウンタウンからほど近いところにある、New Hope Hillsというところなので時間に余裕があった。

午前中はというと、行こうか迷っていた水族館へ行きました。

小さいのですが、個性溢れる水族館になっていて面白かったです。

学校から来ていたのか子供たちも多かったです。

子供たちの純粋な目は、いつも活気に満ちています。

その後、ちょっと高いのですが時間があって、晴れたら行こうと機会を伺っていたクルーズツアーに参加しました。

ツアーは5種類くらいあるのですが、私はワシントン湖周遊を選びました。

シアトルは高級層が住む街でワシントン湖の周辺には 超大きな家が沢山あります。

それが普通の家ではない。

湖の上に建てている家やホテル、そして有名な橋。

この浮いているっていうのがミソで本当にそうなんです。

ツアーの中間くらいになると、あの世界一お金持ちの・・・、

ビル・ゲイツ

の家を見ることが出来ます。 

風呂が24個もある家・・・、やばかったです。

後半は、スターバックス社長の家や映画Sleepless in Seattleの舞台にもなったフロートハウスも見ることが出来ました。

このツアーは私個人的にはとても良いものだと感じました。 


 
夕方、勿論Kingへ。

New Hope Hillsへ来るのは久々でした。

だから当然、いつもここで指導しているAsh Mildとの再会は嬉しいものでした。

足の怪我も治ったようで、指導に熱が入っているようでした。

Tommyのクラスの選手はガンガン泳いでいました。

寒いけど・・・、Tommyは何だか上機嫌で、

「Hi Hi Les't Go !!!」 

なんて言ってみんなを笑わせていました。

陽気なTommyは本当に面白いです。

来週にはDamienも帰って来るかな〜。 

この日は、ちょっといろいろとあって朝から憂鬱。

それでも気を取り直して・・・、

Discovery Park

へ行きました。

ダウンタウンから結構近いのですが・・・、何てったって広い。

静かで綺麗なので散歩するには良いですが、広すぎでござる。

実はちょい道に迷った(笑)。

昼食をとった私は・・・、勿論Kingへ。

この日はいつもと違いMt.Rainier Poolでの練習。

着くなり、何やらコースロープが絡まっているようで困っているようだった。

私は思わず動いた。

「私がやるからあなたたちは泳いで!」

と・・・。 

Tommyと会話をしながら一緒に直す。

練習は、試合後でロングスイムだった。 

面白い練習が沢山見られた。

また、平泳ぎについてもTommyと会話した。

シドニー五輪平泳ぎ2冠のJendric Megan選手の平泳ぎでも、以前の泳ぎと今の泳ぎの比較を見たり話したり・・・。

平泳ぎを専門としていた私からすれば、興味を持たないわけがない。

何度も何度も映像を見て、Megan本人とも話をしました。

私にとって凄く勉強になりました。

夜はちょっと帰る時間等を間違えて遅くなってしまったのですが、水泳に関して言えば良い一日でした。

↑このページのトップヘ