今回もEOS7Dについてです。

7Dの機能について紹介しようと思います。

P1120505 (320x240)

AF・ドライブ
 オールクロス19点AFセンサー
 測距エリア選択モード
 AIサーボAF
 8コマ/秒高速連写
 縦位置/横位置AFフレーム設定
 登録AF機能

測光・露出・感度
 63分割デュアルレイヤー測光センサー
 iFCL測光システム
 AF情報と連携した測光アルゴリズム
 4種の測光方式
 露出補正±5段
 常用ISO100〜6400

操作性・ボディ各部
 クイック設定画面
 操作ボタンカスタマイズ
 広角15ミリをカバーする内蔵ストロボ
 ワイヤレスストロボ制御機能
 大容量リチウムイオンバッテリー
 3.0型92万ビット「クリアビュー液晶供
 UDMA6対応CFカードスロット
 静音・低振動撮影
 マグネシウム合金製外装
 防塵防滴構造

ファインダー
 インテリジェントビューファインダー
 約100%ファインダー
 ファインダー倍率約1.0倍

画像・階調
 1800万画素CMOSセンサー
 全27種の記録画質
 高精度ホワイトバランス
 ピクチャースタイル
 オートライティングオプティマイザ
 高輝度側・階調優先
 レンズ周辺光量・自動補正

ライブビュー・動画
 ライブビュー撮影/動画撮影切り替えスイッチ
 ライブビューAF
 デュアルアクシス電子水準器
 フルハイビジョン動画撮影
 ファイナルイメージシミュレーション



こんな感じですね。
まぁ、非常に多い機能です。
使いこなせなければいけませんね。

まずは、何と言っても19点測距AFと8コマ/秒の高速連写ですね。
私が惹かれた点でもあります。
ISOも6400までだけど、設定では12800まで上げることも可能。
ファインダー約100%ってのも良いね。
オートライティングオプティマイザも(・∀・)イイネ!!



スイッチを入れると、90%くらいでセンサークリーニングをしてくれます。
P1120515 (320x240)

モードダイヤルを回すと、
CAモード
P1120516 (320x240)

Pモード
P1120517 (320x240)

Tvモード
P1120518 (320x240)

Avモード(私の場合、通常はこれが多い)
P1120519 (320x240)

Mモード
P1120520 (320x240)

Bモード
P1120521 (320x240)

モードダイヤルの細かい説明は前回の記事から見れます。

メニューボタンを押すといろいろ出て来ますが、その中身はこんな感じ。
P1120522 (320x240)

P1120523 (320x240)

P1120524 (320x240)

P1120525 (320x240)

P1120526 (320x240)

P1120527 (320x240)

P1120528 (320x240)

P1120529 (320x240)

P1120530 (320x240)

P1120531 (320x240)

ここで使いやすいようにいじっています(笑)。
P1120540 (320x240)

P1120532 (320x240)

最後のやつはよく使うやつを個人的に設定出来るもので、私も使っています。

ピクチャースタイルにもいろいろ種類がありますが、新しい者はネットから取り込むことが出来ます。
私は2つ程取り込んでいます。
P1120535 (320x240)

P1120536 (320x240)

P1120537 (320x240)

あっ、A.Kちゃん(笑)!

まぁ、これだけの機能だから使いこなせるようになるまでには、かなり時間がかかりそうです。

P1120669 (320x240)

え〜、次回は、良い写真を撮る為には・・・、ということで書いてみます。