はい〜〜〜!!!
カメラの時間ですよぉ〜〜〜!!!

今回よりカメラについて詳しく解説していきます。
興味ない方は読まなくても良いです(笑)。
私としては、解説することで勉強にもなるので・・・。
間違っているところもあるかもしれませんが、頑張ります!
私のポンコツ知識でどれくらい通用するか!!!
水泳と同様、趣味も本気で!
やっぱそうでないと!!!

まずは、私が使用していた(している)カメラと共に、カメラの変遷について書きましょう。
カメラとはラテン語て「小さな部屋」を意味するようだ。
カメラの歴史は古く、1824年フランスのジョセフ・ニセフォール・ニエプスが最初の写真画像を作ることに成功した。
カメラには主に、

一眼レフカメラ
二眼レフカメラ
ビューカメラ
デジタルカメラ

がある。
今主流なのが、デジタルカメラでしょうか。
デジタル化されてから、カメラというのもが手に入りやすくなり、誰もが扱える物となったように思います。

私が初めて自分のお金で買ったカメラは、こちら。

IMG_4967 (320x213)

FUJIFILMのフィルム式のカメラでした。
デジタルカメラもありましたが、まだフィルムにこだわっていた感があります。
19歳の春、独り暮らしをする直前、「カメラはこれだ!」と思って気合いが入っていた気がします。
撮った写真の中で結構良いのが・・・、

21世紀最初の日の出を桜島の上から捉えた、ダイヤモンド桜島!
ちゃんと2001年1月1日でしょ?
EPSON117

2人共若すぎやろ〜〜〜(笑)!
イマニとのツーショット!
EPSON035

神戸ルミナリエを隣のルイ・ヴィトンの鏡越しに!
デジタルカメラでも撮れる!
FH040007

でもね、最初の2年くらいは結構使っていましたが、そこからは殆ど使用せず・・・。
たま〜に撮るくらいだったかな。
そんな時、教え子がいきなり全国大会出場を決めちゃったんよね。
そして、そんなレースに限ってビデオもカメラも持ちあわせていなかった・・・。
それがキッカケになってカメラにガンガンはまっていった感じかな。
全国大会の時は結局、妹に借りたこのデジタルカメラと、

IMG_4968 (320x213)

実家で使っていたビデオカメラをもらったっけな。

IMG_4969 (320x213)

このカメラはめっちゃコンパクトで使いやすくて、今でもたま〜に使います。
ビデオカメラはさすがに使う機会が減りましたが、水泳指導を始めたばかりの頃は、これを使ってみんなの泳ぎをチェックしてたっけな。
だから、フィルムがいっぱいある(~_~;)。
上のデジタルカメラで撮った写真がこちら。

初JOの時のやつ。
あっ、H.Nちゃん幼い・・・(笑)。
第30回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会 014

最近のやつでは、2011年の九州SC夏季大会in沖縄の時かな。
子供たちにカメラを渡して・・・。
3107

競泳指導を初めて2年目くらいの頃、ついにデジタルカメラを購入。
最初はかなり勇気がいったが、デジタルカメラでも良いかなと折れたところがありました。
それが、これ。

Canon デジタルカメラ IXY 90F 約1600万画素 光学8倍ズーム シルバー IXY90F(SL)





当初、IXY-Digitalとしては最初のモデルで画期的でした。
これは結構愛用していました。
最初のチームにいた頃は、これを購入してからの写真が非常に多い。
が・・・、これはアメリカで妹にあげることになりました。
それは後程。
このカメラで撮った写真は、たくさん紹介します。

最初のチームの合宿で撮った写真。
デジタルカメラでも綺麗に撮れるもんなんですよ。
K1-Team122

これは、彼氏(笑)?と行った時の薩摩富士と言われる開聞岳の夕陽。
いろいろ悩み多い時期だったかな。
75b6017baa39fab1578a.jpg

渡米して初めて感動したシアトルの夕陽。
この辺りのはたくさんシャッターを切った。
958e2dfda2685e5751be.jpg

ロサンゼルス校外のロングビーチにて。
King Aquatic Swim Teamの応援をしに来た時だ。
768dbbecfa1fc7a5a1ed.jpg

シアトルの街並みには、必ずマウントレーニアが見える。
幻想的にワンショット。
8e64b5421c56e443a912.jpg

さてさて、独り暮らしをやめ、鹿児島へ帰って来てアメリカへ行くと決心した時、水中動画など動きあるものを写したいと思い、防水のビデオカメラとして三洋のXactiを購入。

IMG_4970 (320x213)

んで、アメリカでフル活用したこの2機種だが、妹が渡米先で「カメラが壊れてしまった。」とのこと。
せっかくのアメリカで大学生活の写真が撮れないのは可哀想だと思い、Canonの方を譲ることにしました。
だから、アメリカの旅の後半は全てXactiで撮ったものです。
ただね〜、Xactiは画質が最悪なので、ちょっとだけ紹介。

シアトルでKingのコーチをしている、Doug!
いっつも先手挨拶してくれて、私は彼の優しさに頼りっぱなしでした。
SANY0320


ここまでが私のカメラに対する初めて・・・、かな。
次回は、一歩前進し、本格的にカメラを極めようとして行く時期へと入って行きます(笑)。