この旅もいよいよ最終日を迎えました。
本当に帰り着くのか心配になるような位置にいますが・・・。
まぁ、このまま帰れなくても・・・(;´Д`)。
広島まで来た時にこのまま走れば関西入りやな〜って思ってしまった(笑)。

さてさて、最終日はまず前日19時くらいだったので観光出来ていない萩市内を観光することにしました。

P1100174 (320x240)

小さい町です。

最初に訪れたのは萩市内の東部にあります松蔭神社です。
その名の通り、この地は吉田松陰ゆかりの地です。

P1100175 (320x240)

鳥居を潜って・・・、

P1100178 (320x240)

中には松下村塾の史蹟がありました。

P1100179 (320x240)

神社の中には何だか有名らしいおみくじがあったので・・・、

P1100180 (320x240)

引いてみました(笑)。

P1100181 (240x320)

中身は・・・、中吉で、内容は・・・、

秘密(笑)!

P1100182 (320x240)

続いて、吉田松陰先生誕生地へ向かって歩き回りました。

P1100185 (320x240)

思ったよりも距離がありました。
しかも朝だというのに、既に暑いし(;´Д`)。

P1100187 (320x240)

吉田松陰先生に関係のある方々の家なども沢山残っています。

P1100188 (320x240)

歴史上の人物って、後々の人たちが決めていることであって、その当時の人たちには特に何も思わないものではないか。
そんな風に思います。

P1100190 (320x240)

1.5kmほど歩いてようやく到着。

P1100193 (320x240)

ここが誕生地のようです。

P1100194 (320x240)

眺めは最高!

P1100195 (320x240)

近くには吉田松陰、高杉晋作のお墓もありました。
長州藩士明治維新の指導者の一人である吉田松陰先生・・・。
何だかこの人のことをもっと勉強してみたくなりました。

ゆっくり見た後、もう少し足を延ばし、東光寺を眺め、

P1100206 (320x240)

違う道で戻ることにしました。
この道もまた落ち着きます。

そうそう、ここを歩いていると5歳の男の子に出会いました。
一人で虫あみを持って走り回っていましたが、マツボックリが気になったようで(笑)。
子供って面白いですね。

P1100210 (320x240)

続いて、萩市内の中心部へ行ってみました。

P1100212 (320x240)

朝はまだ早く商店街も閑散としていました。

P1100214 (320x240)

そのまま城下町を歩いてみましたが、このポストもまた良いですね〜。
ってか、小京都とかに行くと必ず見る気がするので、そんなに珍しくは感じない。
何処かに黄色いポストがあったような・・・。

P1100216 (320x240)

維新の三傑として知られる木戸孝允の誕生地もここにあります。

P1100218 (320x240)

城下町は風情があります。
しかし・・・、暑い。

P1100219 (320x240)

城下町はこんな感じらしい。

P1100225 (320x240)

高杉晋作の銅像。
周りに誰もいないように感じますが、めっちゃいますからね(笑)。

P1100227 (320x240)

涼しい時期に歩くと思うことも違うんだろうけど・・・、暑いと・・・、ただ暑いです(笑)。

P1100228 (320x240)

高杉晋作誕生の地に来ました。
入館料100円でした。

P1100229 (320x240)

横にカップル?と見られる歴史好きな子たちがめっちゃ興味津々に見ていました。
いろんな人がいますよね。

P1100230 (320x240)

ここが雑誌でも取り上げられる場所かな。

P1100233 (320x240)

白のカーテンのように見えますが、率直な意見として・・・、

ショボイ!!!

あっ、失敬。
いや〜、何というか綺麗なんですが、本当に一区画だけなんですよね。
やるなら全部統一した方がより趣があるのでは・・・。
観光地に行くと90%くらいは「あれっ!?」って思って終わってしまうことが多い。

P1100235 (320x240)

要はカメラマンの写真の撮り方が上手いから、「良いな〜。」って思うんですよね(笑)。
でもでも、もっと勉強すれば目線が変わるのかなとも思います。

萩市内を3時間くらい観光して、次の場所へ向かうことにしました。
まずは道の駅で休憩。

P1100241 (320x240)

さぁ、次は長門ですね。